マンション購入の時期

マンションを購入する際のポイントとしていろいろあるのですが、購入する時期やタイミングというのも重要と言えます。最近では消費税増税前にマンションを購入しようと考えた人は少なくありませんでした。増税前と後ではマンションの購入金額が大よそ何千万円ですから、消費税増税の数パーセントですら、相当な金額になることは想像できました。ですから駆け込みで購入しようとした人も多かったようです。しかし、失敗した、と思った人も多くいたようです。まずは、購入したマンションの費用の支払いは、物件の受け渡し時期です。
つまり、造営前、建設前に契約したとしても、実際に支払いするのは工事完了、そして入居後です。契約時には増税前であっても、実際に支払う時には消費税が増税後になってしまったのです。増税後の税率ですから、その分が当初より上乗せされてしまったのです。この失敗の他、増税前に購入しようと慌ててしまい後悔しているというケースも多くあったようです。マンションは一生で一番大きな買い物とさえ言われています。ですから、時間をかけて、慎重に選ぶことは大変大事な事なのです。それが消費税増税するからと言って、ほとんど何も考えずに、決めてしまった、という人が多かったのです。日ごろからマンション購入を考えて、選ぶにあたっての押さえておくべきポイントを準備していた人は、後悔しないマンションを購入したことでしょう。そうでなく、慌てて購入してしまった人は、購入後に、自分にはふさわしくないマンションを購入してしまったのです。不動産会社も増税時期は絶好の売上獲得時期です。お客さんに必死で勧めたことと思います。その言葉に載ってしまい購入した人も少なくないでしょう。消費税増税という時期の他、金利が上昇または下がる時期なども、購入しようとしている人には大事なポイントとなります。もちろん金利が下がった時にこそ買うべきですね。このような費用的な時期とは別に、家族構成が変わる時期というのも、購入時期として考えるべきでしょう。結婚する時、また、子供が出来る時、逆に子供が結婚したりして、家族が減ってしまう場合なども購入時期でしょう。マンションを購入する時期、タイミングには、社会的な要因と個人的な要因があります。どちらも良く考えて、マンション購入にあたり、正しい選択をしたいものですね。